逮捕歴や前科があるのですが、許可は取得できますか。

収集運搬業の許可申請には、「欠格要件」というものが存在します。
次の要件に該当すると許可を取得する事ができません。
申請者の役員、株主、出資者などの中に下記に該当する方はいらっしゃいませんか。

1. 暴力団員又は暴力団員を辞めてから5年を経過していない人がいる時
2. 法人で、暴力団員がその事業活動を支配するもの
3. 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない人がいる時
4. 禁錮、懲役、死刑に処せられ、その執行を終わってから、又は執行を受けることが
なくなってから、5年を経過しない人がいる時(「罰金」の場合は、問題ありません)
5. 下記の一定の法律違反により、罰金に処せられ、その執行を終わってから、又は執行を
受けることがなくなってから、5年を経過しない人がいる時

「廃棄物処理法」「浄化槽法」「大気汚染防止法」「騒音規制法」
「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」「水質汚濁防止法」「悪臭防止法」
「振動規制法」「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律」
「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」「暴力行為等処罰に関する法律」

【刑法関連】
刑法傷害罪(第204条)、傷害助勢罪(第206条)、暴行罪(第208条)
凶器準備集合・結集罪(第208条の3)、脅迫罪(第222条)、第247条(背任罪)

上記が挙げられます。
また、5年というのがキーワードで、罰(執行)を受けなくなってから5年経過
した者は、欠格要件から外れます。

 

 

産業廃棄物の許可なら行政書士法人LINX