古物営業法が改正されました!

古物営業法が改正されました!

 

平成30年4月25日に古物営業法の一部を改正する法律が公布されました。

 

「露店」と呼んでいた仮店舗を「仮設店舗」と改め、

営業日の3日前までに管轄の警察署に届出をすれば

仮設店舗に置いて買い受け等ができるようになったり、

 

インターネット売買の普及により非対面取引における本人確認の方法が追加されたり・・・

 

より管理しやすく、また、古物商の方の負担も減る内容が多く含まれています。

 

 

しかし、それにも伴い、改めて届出が必要となるものがあります。

【主たる営業所等の届出】

 

今すでに許可を持っている方も、H30年4月25日以降に許可取得したばかりの方も

必ず全員が提出しなければならない届出です。

届出をしない場合は、2020年4月24日にお手元の許可は失効します!!

 

まだ時間があるから大丈夫と思わずに、はやめに届出をしましょう。

 

 

また、

施行日はまだ未定ですが、許可単位の見直しも行われるため、

今まで県ごとに許可申請していたものが主たる営業所があれば

他県へは申請ではなく届出だけでよくなります。

施行されたら、複数県にまたがり営業所を持ちやすくなりそうですね。

 

主たる営業所等の届出 に関するお問い合わせもお待ちしております。